アリスの創作広場

小説家志望のアリスです。作品はフィクションです。実在の個人、団体、法令、法則とは一切関係ありません。

未定1

 彼女が教頭としてこの高校に来てから一年が過ぎた。それまでは人間行動学の研究所にいたと聞いている。

 教頭と言っても、実際に教壇に立つわけではなく、仕事のほとんどは雑務といっても過言ではない。職員のスケジュール管理、備品の管理、生徒の問題行動の管理などの業務が得意である。

 彼女が赴任してきてからは職員会議がスムーズに進むようになった。以前なら、結論が出るまで長引き、しかも時には職員間に禍根を残すことがあった。苦痛だった会議が、今ではストレスになることはない。

 多方面への配慮が必要なときも、英断を下せる資質もある。この学校に来て一年が過ぎたとはいえ、まだ慣れていない部分も多い。そのせいで、ミスもある。教頭のミスはすべて校長がフォローし、場合によっては責任を取ることになっていて、そのあたりは校長と良いコンビが組めている。まさに二人三脚である。