アリスの創作広場

小説家志望のアリスです。作品はフィクションです。実在の個人、団体、法令、法則とは一切関係ありません。

バイオスフィア

 「戻ったわ」

 光恵は仕事を終え、自分のキャビンに戻ると、大きなため息をついた。乗船クルーたちには特別室が与えられ、一般の乗組員や乗客とは立場が異なっている。

 「今日もお疲れ」

 夫の陽介が出迎えた。

 「やはり、キャビンは落ち着くわね」

 「外では気が抜けないからな」

 「頼られるのは悪い気分じゃないけど、こうも問題が続くと考えものね」

 「一時的だろうが、ここ最近はほとんど休めてないよな」

 確かに、起きている時間のほとんどは仕事をしているし、眠っても疲れが取れた気がしない。気のせいだとはわかっていても、いろいろな不安が意識の下から湧いてくるようだった。

 

 バイオスフィア4と呼ばれるこの宇宙船は、恒星間航行を念頭に置いた超長期滞在実験用の船である。

 地球の衛星軌道上では、バイオスフィア3と呼ばれるスペースコロニーの実証実験はが一段落していた。実用コロニーの建設も始まっていた。コロニーの建設とは別に、さらに先を見据えた次世代恒星間航行システムの予備実験として、新たに建造されたのがバイオスフィア4である。

 乗客は六百名。乗組員は三十名。乗組員のうち六名が「クルー」として、乗客および乗員を監督する立場にある。ロボットが乗客の対応にあたるので、乗組員やクルーはロボットでは対応しきれない場合の補助でしかない。異常があったときの対応と、乗客たちのカウンセリングが主な想定だった。

 一番大きな目標は20年かけて冥王星に到着し、基地を建設すること。そして、また20年をかけて地球に戻ること。その間にバイオスフィア3と同様の閉鎖環境における自活実験も当然行う。その他には将来の恒星間有人航行に向けてSHS(Space Hybernation System宇宙冬眠システム)の検証、核融合炉推進システムなどもある。 また、宇宙船の内外でのアクシデントが起きることを前提として、防止法、対処法などの研究もある。

 宇宙船は閉鎖空間とはいえ、都市をまるごと運んでいるようなもので、一般的に想定されるあらゆる事態に対応できることになっている。順調に進めば50年くらいの実験だが、その10倍以上の物資、資材、補給品もあり、船内空間も充分な余裕があった。